HOME > レンタル商品鉄骨関連仮設鉄骨関連仮設
  鉄骨関連仮設

弊社は鉄骨造向けの商品も多数取り扱っております。

鉄骨建築のシーンを一つにまとめたチラシが鉄骨建築をサポートです。これから増加していく鉄骨建築に力添えしていきます。

   

『鉄骨建築をサポート』

鉄骨建方器具

コラムロック

操作が簡単で安全。鉄骨組み立て作業の安全性と能率を格段に向上させます。

1.高所での玉掛けの取外し作業が簡単にできる遠隔操作方式
コラムロックは、従来の玉掛けの取外し作業を安全に、しかも効率よく行えるように、ワイヤロープによる遠隔作業としました。遠隔操作することにより、作業者の安全の確保だけでなく、作業時間を大幅に短縮することが可能となります。

2.絶縁スイベル
誘導電圧による感電事故を防止する2000V絶縁スイベルが標準装備されており、周囲の電波などによって高所作業場で多発する感電事故、及び感電による墜落事故を防止し、作業者の安全を守ります。

3.二重安全ロック機構
コラムロックには、本体両サイドからセットピンを固定し開口部の開きを防止するストッパーとセットピンのロックが外れても、セットピンがすぐに抜けるのを防止する固定スプリングを併用した、二重安全ロック機構になっています。。
コラムロック

●象印コラムロック操作方法

1.玉掛け操作

①コラムロックの黄色のワイヤロープを引っ張るとストッパープレートが引き上げられ、セットピンがフリー状態になります。
②セットピンを引いて、コラムロックの開口部へ吊りピースを通します。吊りピースの穴とセットピンの位置が合った事を確認してから、セットピンの操作ボルトを固定スプリング内にキャッチされるまで充分に押し込みます。

2.吊り上げ操作

一つの鉄骨柱に対し、必ず2丁のコラムロックを使用しバランスよく吊り上げてください。鉄骨柱をバランス良く吊り上げる為に、クレーンのフックの先にチェーンエコライザーを使用されると一層効果的です。
吊り上げ操作
コラムロック諸元・寸法

チェーンエコライザー

ELEPHANT鉄骨建方作業器具
チェーンエコライザーチェーンエコライザー操作手順
 
ステータス

建多くん

建多くん

1、操作が簡単 Speed up

取り付け

吊具(クランプ)の取り付けは、吊り場用ピースは接続用ボトル穴を使用し、ビン差込みをワンタッチ操作で行います。

取り外し

柱又は梁を吊り上げ所定の位置に固定した後、無線操縦機の操作ボタンを押して頂ければ、安全ロックが解除され、ピンは自動的に引き抜かれます。(約5秒)

2、軽量Light(10kg/吊具片側自重)

吊具重量は12t用(10kg/吊具片側自重)と軽いため、玉掛ける作業を楽に行う事ができます。

建多くん

3、安全重視のロック機構 Saferty

玉掛け時のロック確認はフラッシュブザーによる確認方法。リンク式ロックとピン式ロックの2重安全ロック機構により吊揚運搬のピン抜けを防止します。

玉外し

柱、梁等の吊揚物が所定の位置に固定されたことを確認し、無線機の電源スイッチを入れ、ピンを抜く、吊具側の押しボタンを2個同時に押し続けてください。(約5秒)
第1段目のロックが解除されて、橙色ランプが点燈し(約3秒)続けて2段目ロックが解除されると同時に、ピンが自動的に抜け、赤色ランプが点燈し、ブザーがなります。使用後、電源スイッチ(天秤)を「切」にして頂ければ、充電準備OKとなります。無線発信機のスイッチの「切」も、お忘れなく。

建多くん

建多くん

採用情報

このページTOPへ