掘削工事

積載重量計測機器

掘削工事

無線トラックスケール

■計量器と受信機はワイヤレス! ワイヤレスなので設置はたったの5分、 ケーブル破断の心配もいりません。■計量時間はわずか10秒! 測定結果はすぐに印刷でき、USBタイプもありUSBメモリーへの記録も可能です。■防水防塵(IP66)! 防水防塵性能はIP66なので、激しい降雨時の屋外、 鉄粉などのホコリの多い 屋外でも使用できます。

●過積載対策

計量時間が10秒と短いので、すぐに発進ができて運転手への ストレスとタイムロスが少ないです。 その場で重量確認できて、過積載でも現場内ですぐに調整ができます。
●過積載対策

●工事検査の評価アップ

安全管理の評価項目には過積載対策に取り組んでいるか評価する項目があり、無線トラックスケールで計量を行えば評価されます。 ●評価対象項目 □ 「施工プロセス」のチェックリストのうち、安全対策について指示事項が無い。 □ 店社パトロールを1回/月以上実施し記録が整備されている。(労働安全衛生規則第18条 □ 工事期間を通じて、労働災害及び公衆災害が発生しなかった。 □ 労働安全法及び関係法令に基づき現場内で予測される災害について対策を講じている。 □ 過積載防止、荷崩・落下防止、安全速度遵守等、交通災害防止に積極的に取り組んでいる。 □ 使用機械、車両等の点検整備等がなされ、管理されている。 □ 重機操作や各種工程に際して、誘導員配置や安全通路の表示・区分等を行い安全対策に
●工事検査の評価アップ

●荷主への罰則

過積載は法律で以下の罰則があります。 ● 過積載車輌の運転の要求等の禁止(道路交通法) 荷主等は運転者に対し過積載となることを知りながら、 積載物を売り渡したり、引き渡したりしてはいけません。 違反した荷主等が、反復して過積載の要求をする恐れがあると 認められるときは、警察署長から過積載の「再発防止命令」が出されます。 ● 荷主勧告の積極的な発動(貨物自動車運送事業法) 国土交通大臣は、貨物自動車運送事業法第64条に基づき ・どうしても過積載しなければ、輸送できないような依頼をした場合 ・過積載となることがわかっていながら過積載運行を要求した場合 荷主に対し、再発防止の措置を執るよう勧告します。

●計量方法

製品検索

キーワード

カテゴリ検索